• ▼お問い合わせ
  • ▼サイトマップ

世界をひとつにつなげる

株式会社ラズペース Lazpace Inc.

ラズペース

製品情報

 

 

2. ウェブ・アプリケーションおよびスマートフォン・アプリ構築事業

 

お客様のニーズにあったシステムをアジャイル技法で開発いたします。

 

私たちは従来のシステム開発手法でありますウォーターフォールモデルではなく、お客様のニーズを的確に反映するため、アジャイル技法で開発いたします。

従来法の問題点は、新しい画期的なシステムを開発する場合、お客様とシステム開発会社との開発システムのイメージが大きく異なり、多くの時間をかけたお話合いにもかかわらず、できたシステムがお客様の求めているものと違ってしまうことが多いことです。また、変化の激しい現代において、変更もたびたび、発生しますが、一度、要件定義を決めたあとに変更を実装するためには、時間および費用に多大なコストがかかってしまうことです。

 

そこで私たちは、つぎのような手順で開発を行います。

アジャイル技法

1. お客様のニーズおよび大まかなコストをお聞きいたします。

 

2. どのようなシステム構築が最適であるかをプロトタイプを作成し、ご提言いたします。

 

3. お客様のご意見を伺います。

 

4. 再度、プロトタイプを作成し、ご呈示いたします。

 

5. お客様がご納得いただくまで、3と4を繰り返します。

 

6. ご納得いただいたプロトタイプに基づいて、ユーザー要求仕様書をご提示していただきます。

 

7. 私たちより、お見積もりを提示いたします。

 

8. ご発注後、システムの開発およびテストを行います。

 

9. 受け入れテストを実施いたします。

 

10. テストに問題ないことを確認していただきましたら、ご検収していただきます。

 

 

私たちは、3および4に十分な時間をかけるため、納品いたしますシステムは、お客様のニーズにあったシステムとなります。また、プロトタイプの作成で、大まかなシステムの流れは、できていますので、開発は、従来のウォーターフォールモデルに比べると短時間で実施できます。

 

 

このような手法で実施いたしました実例をご紹介いたします。

 

1) 設備稼働時間管理システム

 

2)  業務時間入力システム